祝・リマスター版!裏設定で更に楽しむテイルズオブヴェスペリア

テイルズオブシリーズでトップレベルの人気を誇る「テイルズオブヴェスペリア」のリマスター版が、10周年を記念して、2019年1月にPS4とSwitchで発売されます!

本編・サブイベント共にシリーズ屈指のボリュームで、前日譚の映画化、各キャラクターに焦点を当てた外伝小説など、メディアミックスも盛んなこの作品。
私が人生でやり込んだゲームの中の一つです。
キャラが良い!ストーリーが良い!やり込み要素満載!百合要素あり!

百合要素!!
あり!!!

実は結構百合要素がある(私基準)テイルズオブシリーズですが、ヴェスペリアはもう!強いです!
普通に本編をプレイするだけでも、大変可愛らしいお姫様とお嬢さんの仲良しぶりが堪能できちゃいます。
お互いに初めての同世代の友達。街の中で少しでも自由行動をしようものならいつでも一緒、添い寝あり、子育てイベントあり。ストーリー終盤に変わらぬ友情を約束するシーンなんて、心温まり胸が熱くなります。

しかし、今回はそこではなく、隠されたコンビについて書き綴っていきます。
本編だけでは明かされない、サブイベントを網羅してもしやと思い、公式コンプリートガイドで匂わされ、外伝小説でようやく明言される、ある関係性。これがなかなか複雑で味わい深いのです。
リマスター版発売を機に久しぶりにプレイする方、初めてプレイする方がいたら、ぜひ注目して欲しい二人です。
核心的なところは伏せていますが、ややネタバレを含みますので、嫌な方は本編を1周してから読んでください。
嫌じゃなくても本編をプレイしてください。ぜひ。


①注目してほしい裏設定

裏設定とはいいましたが、ある程度ヴェスペリアを追いかけた人なら知っているでしょう。
ヘルメスの家族関係について。

ヴェスペリアの舞台である世界、テルカ・リュミレースの人類文明を支えている便利な機械、魔導器(ブラスティア)。その中でも強力なヘルメス式魔導器の開発者、ヘルメス。本編でも明かされる通り、パーティメンバーのジュディス(サムネ右端青髪のおねーちゃん)の父親です。
そして実は、同じくパーティメンバーであるツンデレ魔導器研究娘、リタ・モルディオ(サムネ右端2番目茶髪の子)の父親でもあります。
異母姉妹!はい複雑!


②二人の対比

まずこの二人、対比的なところが多々あります。それぞれ比較してみました。
姉がジュディスで妹がリタなのですが、本編の扱い的に、以降はリタを前に置いて紹介します。

[外見]
リタ:小柄な少女
ジュディス:長身セクシーお姉さん
この二人が血縁関係にあるなんて誰が考えるんだというレベルで違います。
そもそも種族が違うんですよね、この二人。
ジュディスはクリティア族という人間の変異種的な種族なのです。歴代のテイルズオブシリーズでいうエルフみたいな感じ。つまり、リタは人間とクリティア族のハーフということ。
キャラクターの出生から揺るがす裏設定なのです。

[戦闘スタイル]

リタ:魔術特化
ジュディス:物理特化
ヴェスペリアの戦闘は技の使用回数によって、その性能が強化されていきます。
リタの魔術は手数が増えたり範囲が広がったり。
ジュディスは隙が減ったり追撃が可能になったり。
前衛と後衛で正反対なスタイルではありますが、どちらも操作が楽しいキャラクターです。

[父の形見とも言える魔導器に対して]

リタ:魔導器の研究に全てを注ぐ超魔導器オタク
ジュディス:世界中のヘルメス式魔導器を壊す旅をしている
リタからすればジュディスは大好きな物を破壊する女、敵です。

[父親との関係について]

リタ:名前も顔も知らない
ジュディス:とても仲が良かった
これ、魔導器への対応と比較してみてください。
リタは名前も顔も知らない父親の形見を愛し、ジュディスは大好きな父親の形見を破壊。

なんなのも~~~!!

ジュディスが父の形見を破壊する理由については、かなりのネタバレになりますので伏せておきます。

[お互いが異母姉妹であることについて]

リタ:姉が存在することすら知らない
ジュディス:妹がいるということだけは知っていた(それがリタであることは一緒に旅をしていて気づく)
本編を通してはもちろん、外伝小説でもジュディスはリタに本当のことは明かしていません。
リマスター版のおまけで本編後の話が見られるらしいのですが、果たして……。

こんなにも正反対の二人ですが、やや好戦的な性格と、おにぎりが好物という共通点もあります。かわいい。


③ゲームでこの二人の関係性を楽しむためには?

[本編をクリアする]
天涯孤独の身、さらに幼少期に他人に裏切られた経験から、基本的に人間嫌いなリタ。パーティメンバーに対しても、最初はとてもそっけない態度を取ります。しかし根が優しい子なので、段々と心を開いていきます。ツンデレです。
最初は憎き魔導器破壊者だったジュディスも例外ではなく。
リタは掴みどころのないジュディスの言動に振り回されたり、時には相手を想って怒りを露わにしたり。ジュディスはジュディスで、感情表現が子供っぽいリタをからかうことを楽しんでいたりします。
そんな二人のやり取りを、実は生き別れの姉妹であることを念頭に置いて感じてください。

テイルズオブシリーズには、ラスボス戦の前に仲間同士で決意などを語り合う「決戦前夜イベント」というお約束があるのですが、そこでリタとジュディスの関係性が本編における最大瞬間風速を記録します。
これからプレイするという方がいたら、楽しみにしておいてくださいね。

[料理の熟練度を上げる]

テイルズオブシリーズでは、本編以外のキャラクター同士の会話、「スキット」があります。ヴェスペリアはこれがとにかく豊富で、解放条件も様々。
本編進行中に自動的に解放条件を満たせるスキットの中にも、リタとジュディスのさり気ないやりとりがいくつもありますが、最も注目してほしいのは、料理の熟練度を上げた時に見ることができるスキットです。

パーティキャラクターにはそれぞれ1つ、熟練度を最高にするとスキットが発生するレシピがあります。
リタは「野菜炒め」、ジュディスは「豚の角煮」です。

そもそもリタは研究以外には一切興味が無い人間なので、料理は苦手です。そんなリタが野菜炒めをマスターした裏には……。
対してジュディスは料理上手。手間のかかる凝った料理を得意としています。リタは研究の片手間に食べられる軽食が好きで、面倒なものは嫌いなのですが……。

ちなみに、ジュディスが料理上手になった理由は、父親に作ってあげていたからなのです。このスキットを見る時は、ぜひそれを踏まえておいてください。

[サブイベントを回収する]

特定の宿屋に泊ることで発生する、ヘルメスが残した魔術のメモを読み解いていく連続イベントがあります。
このイベントをこなしていくことで、リタとジュディスが姉妹であることがぼんやりと見えてきます。
リタとジュディスの関係が気になった方がいたら、このイベントは絶対に押さえておいてください。むしろこれがリタとジュディスの関係性においては本編です。

ジュディスは魔術の素養が無いため、ヘルメスが残した魔術のメモはリタ向けのものです。
しかし、それを知っているのはジュディスだけ。
リタはただ単に、魔導器の研究の一環として、父親が残したメモを読み解いていきます。
その様子を見守っていたジュディスが、連続イベントの終盤で取った行動が、これまた良くて……。


④外伝小説で語られるジュディス→リタの感情

ジュディスの幼少期~ゲーム本編終盤までが書かれた外伝小説「竜使いの沈黙」。

ヴェスペリアの全てを知りたいという人かジュディスファンしか読んでいないと思うのですが、この小説でジュディスの生い立ちと共に、初めて二人が姉妹であることが明言されます。読んでください。始祖の隷長側のことも分かりますので、ジュディスファンでなくとも是非。

ジュディスはゲーム本編では飄々としていて掴みどころのない食えない女、という印象を抱くキャラクターです。
設定上の年齢は19歳なのですが、どう考えても20代後半の貫録です。
まぁファンタジーの年齢設定なんてそんなものだよね、と思う方も多いでしょう。
そんな方にこそ、この「竜使いの沈黙」を読んで欲しいです。お願いします。

隠し事の多い言動も相まって、何を考えているか分からないジュディスが、実は年相応の内面をしていることが分かります。
予想以上に重たい過去が明かされます。
ゲーム本編のジュディスとは全然違う幼少期に、イメージがガラッと変わること必至。ぜひ読んで欲しい作品です。

そんな「竜使いの沈黙」で明かされたジュディス→リタへの感情は、意外なものでした。
ジュディスは妹の存在を、恐れ憎んでいたのです。

母親を早くに亡くし、父親と二人暮らしをしていた幼い日のジュディスちゃん。ある日、父親の単身赴任先に自分以外の娘がいることを知ってしまいます。
それにショックを受け、父親とすれ違ってしまい、真相は聞けないまま父親は他界。
そしてジュディスの故郷は魔物に襲われ壊滅。
自分と父の平和な日々を攫っていった妹と、故郷を襲った魔物。二つの影が重なる悪夢に魘されながら生きていくことになります。

そこへさらに追い討ちをかけてくる、父親が発明したヘルメス式魔導器に関する問題。
ゲーム本編ではいつでも余裕な人に見えるジュディスですが、その裏には巨大な重圧があるのです。ほとんどそれを見せませんが。

ジュディスは一人で全て抱え込んでしまっているキャラクターです。それは正義感などではなく、実はある種の子供の独占欲なのです。妹という存在に自分の居場所を脅かされるのではないかという、幼い兄姉が抱く危機感なのです。
それを知った上で、ゲーム中のサブイベントを噛み締めてください。
ジュディスとリタの関係性の味わい深さが沁みてくると思います。


どうしてキャラクターにまつわるこんなにも重要な設定を、テイルズオブヴェスペリア本編は隠してしまったんでしょう?
尺の都合でしょうか?
ヴェスペリアは主要キャラクターの多さがシリーズトップで、更にストーリーもかなりのボリュームがありますので、入りきらなかったのかもしれません。

こんなに美味しい関係性なのに!!!もったいない!!!

裏設定にまつわるほんの少しの情報だけでも、とにかく濃くて面白い作品です。
テイルズオブヴェスペリアをぜひ!プレイしてください!
プレイ済みの方はこの裏設定に注目しながらもう一度!

XBOX、PS3で発売済みです!
2019年1月11日にPS4とSwitchでリマスター版が発売します!

私は最新ハードを持っていないのですが、おまけ欲しさに予約してしまいたい気持ちと戦っています。
誰かにソフトだけあげて布教するか……

追記:結局買いました→ 特典のためにヴェスペリアのリマスター版を買ってました

スポンサーリンク
レタングル大
レタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする