Roselia大学入学者オリエンテーション

夏のドーン!とBanG Dream!ゲーマーズ限定フェアフィナーレイベント第2部に参加してきました。
登壇者は相羽あいなさん、工藤晴香さん、志崎樺音さんの3名。
Roseliaの小規模トークイベントはなかなか当たらず、今回が初めてだったので新鮮でした。
衣装はみんなお揃いの薔薇トレーナー。あいあいとくどはるはデニム生地のスカート?が色違いのお揃いっぽかったです。仲良しですね。

以下、レポートです。例のごとく記憶頼みなので、キャストの発言内容は要約です。誰の言葉だったかも曖昧ですがご容赦を。

オープニング

1部終了後にツイートされた「Roselia大学」という謎の概念、冒頭から出てきました。
くどはる曰く、今回のフィナーレイベントはかなり倍率が高かったそうです。まるで超難関の名門大学みたい、ということで、「Roselia大学、入学おめでとうございます」に発展したらしく。
この辺の思考の跳躍がRoseliaらしいなと思いますね。今回の当選者は選ばれしラッキーボーイ&ラッキーガールですよ、とチヤホヤされた1年生の我々。

続いて、今日の参加者はどこから来たのかを、地方ごとに尋ねられました。
北から順に聞いて行ったのに、台本に書いてある順番を飛ばして関西に行くあいあいがくどはるに突っ込まれたり、誰もいない地方は「まだ落とせてなかったか…」「攻めに行かなきゃ」と突然武将の発想になったり。

その後は現在上映中のフィルムライブにまつわる話などがいくつか。あいあいはオーストラリア、くどはるはバンコクにも行って来た感想もお話ししてくれました。「バンコクすごく楽しかったから、Roseliaのメンバーで旅行に行きたいなーって思った」というくどはるのさり気ないデレ発言に、隣のあいあいが嬉しそうな顔をしていたのが印象的でした。
レディシャコンビのめぐちぃに比べると飄々としたイメージのくどはるが、たまに見せるRoselia愛には密かに和まされています。

コーナー:今年の夏のとっておきの思い出

当選者に送られた事前アンケートを紹介するコーナーでした。読まれた回答は3つ。回答を送った参加者に質問しつつ、次第にRoseliaワールドに発展していきました。

FlammeとWasser両日参戦

今回のライブは富士急ハイランドだったため、アクセスや宿探しに苦労したところもあったけれど楽しかった、というお便りでした。
工藤「間に合った?」
相羽「野宿してない?」
と心配したり、両日・片方のアンケートを取ったり、両日参加で一度帰宅したかを尋ねたり。
場所が場所なので、出演者も参加者も小旅行感覚だったようですね。お陰で私は泣く泣くライビュ参加となりましたが…。

彼女とガルパカフェで散財

「彼女と」というキーワードで色めき立つくどはるに対し、ジト目になるあいあいが面白かったです。
回答者はりんりん推しと聞いて恐縮するのんちゃん、
彼女にグッズを買ってあげたと聞いて「カードで」とカード払いのポーズを連発するくどはる、
「ガルパカフェのグッズはランダムだからつい買っちゃうよね」と、課金兵の片鱗を見せるあいあいでした。

友達と受験勉強

「受験のこと覚えてる?」「もう受験勉強はしたくない」「勉強しなきゃという使命感が辛い」と、3人の経験談が語られました。
相羽「塾に通わされた。お母さんに、どこにも行けへんで!!って言われて」
工藤「塾に行っても結局遊んでなかった?」
相羽「最初は15人くらいの授業形式だったんだけど、最終的にはマンツーマンになった」
と、勉強嫌いトークから、くどはるの2D Roselia妄想に発展しました。

・紗夜と燐子はそつなくこなすけど、友希那はやらない
・そして紗夜が怒る。「湊さん、ちゃんとやってください」
・あこは応援
・リサは友希那に甘いから、答え教えちゃいそう
・燐子も手伝った方が良いのかと心配する
・友希那は夏休みの宿題もやらなそう
・自由研究は結局全部リサがやる
・家庭科の宿題は燐子がやって、それが賞を取ってしまう
etc…友希那さんが弄られ放題でした。(逆に紗夜さんが「湊さんがそう言うならbot」と呼ばれて笑いを誘う場面もあったのですが、どこの話題だったか覚えておらず…)

散々弄りつつも、自分自身が家庭科の宿題であるエプロン作りを母親にやってもらったと暴露するくどはる。自分でやったように見せるためにチョッパーのワッペンを付けようにも、そのアイロン掛けすら出来なかったと言うと、あいあいに「それは無いわー!」と言いたげな反応をされていました。
あいあいは、自分もワンピースキャラのワッペンを付けたと言い、なぜか隣ののんちゃんに「ワッペンは良いよ!」と圧を掛けます。
当ののんちゃんはワンピースのことはあまり知らないらしく、 Roselia焼肉の場でワンピーストークが始まると「犬みたいなやついますよね?」と発言したとのことで、「トナカイだよ!」「ツノ生えとるやろ!」と総ツッコミを受けていました。

最後は勉強も仕事もファイティーン、とお馴染みの掛け声でコーナーは終了しました。

コーナー:一問一答

こちらも当選者の事前アンケートを使っての企画です。3人それぞれに集まった質問に、1分間でどんどん答えていくコーナー。実際は時間を図りつつ全ての質問に答えていました。ただし、考え込むとあいあいが「チッチッチッチッ……」と時計役になって急かします(笑)

全ての質問と回答を覚えられてはいないのと、回答終了後に掘り下げもありましたので、概要をまとめておきます。質問と回答は順不同です。

一問一答:志崎樺音編

Q.キーボードはいつから習っている?
A. Roseliaになってから。ピアノは小学校1年生からやっている。

Q.ピアノ練習にオススメの曲は?
A.バッハ。両手が違う動きをするので良い練習になる。

Q. Roseliaの曲で一番演奏していて楽しいのは?
A.Ringing Bloom。

Q. Roseliaの曲で一番難しいのは?
A.Ringing Bloom……。

Q. Roselia以外の曲で演奏してみたいのは?
A.R・I・O・T

Q.一日で最長何時間くらい練習した?
A.小学生の頃にコンクールに向けて一日10時間くらい。

Q.事務所の先輩であるくどはるの第一印象は?
A.真面目。(「なんで笑うんだよー!」とあいあいをつつくくどはる)

Q.声優の仕事には慣れた?
A.最初よりは。段々慣れてきている。

Q.声優として今後挑戦してみたいことは?
A.ブチ切れる役。

Q.燐子はどんな存在?
A.彼女にしたい。女子力がすごい。

一問一答:工藤晴香編

Q.ギターの練習で大変だったことは?
A.コードが全然わからなかったこと。それで挫折したこともある。

Q.オススメのギター練習法は?
A.ひたすら反復練習。FIRE BIRDのソロはとにかくそこだけ何度も練習した。

Q.紗夜を演じる上で意識していることは?
A.最近性格が柔らかくなったけれど、可愛くなりすぎないように厳しさを出している。

Q.ギターソロのパートは緊張する?
A.する!静かな部分はみんな緊張しながら演奏&歌っている。

Q.仕事をする上で意識していることは?
A.「えー!何も意識してないよー!」

Q.日菜のような妹がいたら?
A.冷たくしちゃう。

Q. Roseliaでこの夏にやり残したことは?
A.BBQ。秋バーベしよう。

Q. Roseliaでの夏の思い出は?
A.富士急で花火を見たこと。

Q. Roselia楽曲以外で演奏してみたいのは?
A.ポピパの曲。キズナミュージック♪。

Q.ライブ中のハプニングは?
A.ギターのボリュームを上げ忘れてBLACK SHOUT!のイントロをやり直したこと。初登場のライブ直前にイヤモニが壊れ、スタッフのイヤホンで代用したこと。

各質問への掘り下げで一番盛り上がったのは、「日菜みたいな妹がいたら?」という話題。
これは意外な回答かと思いましたが、あいあいも共感していました。実際に昔は冷たくしていたというエピソードも話してくれました。
あいあいは妹が自分の友達に懐くと「私の友達!気安く話しかけんといて!」と怒っていたそうです。今はそんなこと無いけど…と言うと、すかさずくどはるから「今も冷たいよ」とツッコミが入ります。
くどはるがあいあいの妹さんやお母さんと電話をすると、「もういいやろ?」「くどはる疲れてるんやからもう終わり」と話の途中でも切ってしまうそうです(笑)
家族にはそうなっちゃうのかもね、となりましたが、のんちゃんは実の妹がツンツンしているので、日菜ちゃんのように甘えられたら嬉しいそうです。

キズナミュージック♪については、富士急ライブでの茶番の話が出ました。アニメのOPという振りで、BRAVE JEWELではなくキズナミュージック♪をやり始めるというイタズラに、バックスリーンの映像まで乗っかってくれるチームワークの良さを讃えていました。

一問一答:相羽あいな編

Q.喉のケアでやっていることは?
A.手洗いうがい。

Q.声を出すのに気を使うことは?
A.無い!

Q.歌が上手くなるには?
A.毎日練習すること。

Q.面白さの秘訣は?
A.日常生活。

Q.初心者にオススメの筋トレは?
A.有酸素運動から始める。難しければ日常生活に筋トレを取り入れる。

Q.オーストラリアの思い出は?
A.水族館。

Q.アニサマで鈴木このみさんとコラボした時の気持ちは?
A.「気持ち?気持ち良い…?」

Q.好きなプロレス技は?
A.自分もやっていたクリスト。

Q.友希那の第一印象は?
A.「クール⤴︎」。自分と正反対過ぎて戸惑ったけれど、制作さんには「(あいあいは)黙ってればクールに見えるからそのままでお願いします」と言われたとか。黙っていればクール、にはのんちゃんが頷いていました。

Q. Roselia楽曲以外で歌ってみたいのは?
A.キズナミュージック♪。

なんか質問が偏ってない??と困惑するあいあいでした。
一番スピーディーに終わった一問一答でしたが、各質問への掘り下げは、良い話もためになる話も笑える茶番もあり、盛りだくさんでした。印象に残っているものをいくつか。

「オススメの筋トレ」
食事やテレビを見る時に2リットルのペットボトルを脚に挟むだけでも良い筋トレになるよ、とのこと。まずは5分!というアドバイスの後に「結構キツい」と不敵な笑みを浮かべていました…。あいあいがきっかけで筋トレを始めたファンの一人として、実践してみようと思います。

「鈴木このみさんとのコラボ」
「気持ち?」と考え込んだ時に出た言葉をそのまま無理矢理回答にしたように思われた質問でしたが、掘り下げでは良い話が聞けました。
あいあいは、目を見て何かをするということを大事に思っているらしく、アニサマでのコラボで、客席を見ている時とこのみさんと目を合わせていた時の感情の違いに感動したそうです。戦っているような熱さを感じて気持ち良かった、とまとめていました。

「オーストラリアの思い出」
これは今回のトークイベントで最も面白かった場面です。メルボルンはコアラを抱っこできなかったとのことで、コアラ抱っこ経験者のくどはるがコアラ抱っこの真実をあいあいに教えてあげることになりました。
コアラは夜行性なので、木に掴まっているのではなく、頭を抱えて木に凭れかかっている、とのこと。ユーカリの木役ののんちゃんの陰に、コアラくどはるがしゃがみ込みました。
観光客あいあいの元に運ばれる時も、しょぼしょぼの顔でダルそうに動き、ゆっくりと人の腕をよじ登り、最後は悲しそうな顔をカメラに向けて終了。
再現写真がツイッターに上がっています。くどはるの演技にひたすら笑いました。

「好きなプロレス技」
クリストの説明を手でするあいあい。指二本で脚の動きを再現して、くどはるの首に向けると「あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」と悲鳴を上げるくどはるが面白かったです。

告知&エンディング

放映中のフィルムライブ、RoseliaのライブBD発売、RASとの合同ライブなどの告知がされました。

終わりの挨拶では、名乗り忘れそうになるのんちゃん、自分の番を忘れてボーッとしていたくどはる、ゲーマーズに「今後もご贔屓に…」と営業をかけるあいあいと、最後まで笑いを忘れないRoseliaでした。
最後に挨拶をしたあいあいは相変わらずお辞儀が深くて長いため、自分の番ではないけれどつられて戸惑い気味にお辞儀をするくどはるが可愛かったです(笑)
一方で、こういったトークイベントは初出演ののんちゃんが段々喋れるようになったことを、あいあいとくどはるが褒めていたりとRoseliaの暖かさが見える場面も。
最後は改めて、会場全員でファンティーンをやってトークは締められました。
「帰るまでがイベントです」というくどはるのコメントを拾って、あいあいが「気を付けて帰らないとくどはるに怒られるよ!」と言いながら退場。
楽しい時間に感謝🙏


夕方はトークイベント、夜は生放送ラジオと、 久しぶりにRoselia充した一日でした。
が、夏は忙しくて富士急ライブの現地もアニサマも行けず、フィルムライブにもまだ行けておらず、コラボカフェにも行けないまま終わり、合同ライブのチケットがまだ確保出来ていない……と、トーク中に参加の有無を尋ねられても一度も手を挙げられないという体たらくに悲しくなりました……私はRoselia大学裏口入学者かもしれない……。

月ブシ先行こそ当たって欲しいです。 RoseliaもRASもどっちも観たい!

スポンサーリンク
レタングル大
レタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする